勃起障害

中高年の方に多い勃起障害。勃起障害になると勃起したくても勃起ができなく
なるといわれています。精神は興奮してて、性行為を望んでいるのに体が反応しなく
なってしまうのは非常に寂しいですよね。

でもこれは中高年になると誰にでも起こる現象ではないようです。
たしかに加齢とともに精力が衰えるのは誰にでも起こります。

これは男性ホルモンの分泌量が加齢とともに減少していくので、自然の流れで
仕方がないことだといえます。

ですが勃起ができないという症状は加齢のせいだけではないのです。
それにはまず勃起のメカニズムを知る必要があります。

勃起には脳が性的な刺激や興奮を感じる必要があります。
そのような刺激を感じると、神経を通って伝わります。

そして血管を通って陰茎にある海綿体に血流が流れ込むことで、勃起が起こるのです。

ですが、過度のストレスなどで神経に異常をきたしていたり、動脈硬化などの
血管の異常があるばあい、うまく勃起をすることができなくなるのです。

つまり正常な勃起を起こすには正常な神経と血管が必要になるのです。

勃起障害に悩まされている方は神経と血管の両方、またはいずれかに異常を
きたしている場合が多いのです。

そのため勃起障害を防ぐためには、日頃の生活習慣が非常に需要なのです。

↑ ページの上部へ